夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


箱根に初のお泊り旅行2〜ホテルおかだ宿泊記

※)「箱根に初のお泊り旅行1〜箱根湿性花園、仙石高原のすすき」の続きです。

7ヶ月の息子がいるし、温泉も楽しみたいし・・・
ということで、「ホテルおかだ」の「温泉が付いている部屋+12時チェックアウト」のコースにすることにしました。温泉付きだと、息子がいても、温泉を堪能できますし、12時チェックアウトだと、ゆっくりできますしね。

ただ、ネックは「価格」です。温泉付きの部屋というと、1泊5万円(1人)とかが相場のような記憶がありましたし、それに加えて、12時チェックアウトですからね。

「一体、いくらくらいするんだろう・・・」と思っていたのですが、なんと、1泊2万円(1人)(正確には1万7000円〜2万4000円)で宿泊できるとのこと。というわけで、「ホテルおかだ」で、即決したのですが・・・

いくら考えても安すぎると思うんですよね。というわけで、内心、「大丈夫なのかな〜」とハラハラしながらホテルに向かったのですが・・・

スポンサード リンク


ホテルおかだ宿泊記

部屋に入ってビックリしました。広い上に、新しいんですよね!
10畳くらいの和室に、7畳くらの洋室がついていました。

もちろん、紫翠君もご機嫌!部屋中、ゴロゴロしていました。



しかも、風呂を見てみると、確かに大浴場には負けますが、「源泉」の表示が・・・

といっても、この「ホテルおかだ」は、大浴場もあれば、隣接する「湯の里(温泉施設)」にも無料で入ることができるんですよね。部屋風呂だけに入るのは、もったいないということで、以下のように、妻と時間を決めて、交互に温泉に行くことにしました。

チェックイン〜17時:大浴場(私)
17時〜17時30分:足湯(家族で)
17時30分〜18時:紫翠君の離乳食
18時〜19時30分:夕食
19時30分〜20時:紫翠君を風呂に入れる
20時〜20時30分:妻が紫翠君を寝かせている間に、私が部屋の風呂に入る
20時30分〜21時30分:湯の里(妻)
21時30分〜22時30分:湯の里(私)
22時30分〜23時30分:大浴場(妻)

スポンサード リンク


足湯を楽しむも・・・

まずは私が大浴場に行くことになったのですが、「ホテルおかだ」の大浴場は、内湯は大きいですし、小さいながらも、露天風呂もあって、結構、楽しめるんですよね。冬なら、1時間くらいずっと温泉にいることができるのですが、外はまだ暑くて、すぐにのぼせてしまって、30分もしないうちに、部屋に帰ることに。

その帰り、なんと「足湯」を発見!
しかも、ここの足湯は結構雰囲気がいいんですよね。というわけで、急遽、紫翠君と妻と足湯を楽しむことにしました。
※)実は「ホテルおかだ」は2回目だったので、足湯があるのを忘れていただけなんですけどね(笑)


※)足湯から見た風景。実際は、もっとキレイです。

「紫翠君も足湯が気に入るかな〜」と思っていたのですが、前回の足湯(参考:彫刻の森美術館(箱根)で芸術の勉強だ!)とは違って、妻が温泉に足をつけようとしたら、足をあげて、湯につかないようにするんですよね。前回の足湯で嫌な思い出ができたんでしょうかね・・・何か嫌なことをされると思ったんですかね・・・

といっても、所詮、生後、7ヶ月。
抵抗はむなしく、すぐに足をポチャンとつけました。でも、足が温かくなるのが不思議なのか、ずっと足を見ていました。



そういう紫翠君を見守りながら、家族で、足湯を楽しんでいたのですが・・・

妻がやってくれました!
紫翠君のオシリまで足湯につけてしまったんですよね・・・
というわけで、急遽、部屋に戻ることに・・・

しかも、足湯は菌が色々いて、絶対に飲んではいけないのに、妻は、オシリまで濡れたことに動揺したのか、紫翠君が足を舐めようとするのを見過ごしていたんですよね・・・しっかりしてよ・・・

というわけで、部屋に帰って、紫翠君に離乳食を食べさせたら、夕食の時間になりました。

夕食の時間が・・・

「源泉付き」で「新しくて広い部屋」というのが、メインで、夕食はそんなに期待できないかな〜と思っていたのですが、牛肉に、天ぷらに、フカヒレ入りの茶碗蒸しに、刺身に、カニに・・・結構、豪華でした。しかも、最後にはデザートまで出て・・・結構、堪能できました!





しかし!!

始めは紫翠君も、大人しくしてくれていたのですが、ついに、ゴジラになってしまいました・・・
静かなレストランが、紫翠君の「叫び声」で・・・

というわけで、紫翠君を、妻と交互に抱っこしながら、料理を食べました・・・



しかし、この抱っこも効果がなくなってしまい・・・
ダッシュで、デザートを出してもらって、すぐに部屋に戻りました・・・
部屋食にしてもらうんだった・・・

そして、妻が、紫翠君を風呂に入れて(紫翠君、温泉初デビュー!)、私が部屋風呂に入って、妻と私が湯の里で温泉を楽しんで、その後に、アイスクリームを堪能して・・・あっという間に、就寝時間に。



朝はバイキング

前回、宿泊したときもそうでしたが、朝食はバイキングでした。
バイキングということで、夫婦共に、朝っぱらから、鬼のように料理をパクつきました。


※)上が私、下が妻。妻はこれでもまだ足りないといっていました。

朝食後、妻は、大浴場を堪能して、私は部屋風呂を堪能して、チェックアウトしました。
12時チェックアウトで、ほんと、良かったですね!

というわけで、続きは「箱根に初のお泊り旅行3〜大涌谷、芦ノ湖、箱根峠」にて。

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ