夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


鎌ヶ谷でぶどう狩り

<前日の話です>
妻に、次の日に、どこにドライブにいくのか調べてもらっていたのですが、面白そうなところは、どこも遠いんですよね。というわけで、「宿泊プラン」は色々出来たのですが、肝心の「日帰りプラン」がなかなかできないんですよね・・・そして気が付けば、0時近くに・・・

仕方がないので、私も加わって、ネット検索したのですが、ネットサーフィンしていると、そろそろ「ぶどう狩り」の季節だという記事を発見したんですよね。でも、ぶどう狩りといえば「勝沼」じゃないですか。「かなり遠いしな・・・」なんて思っていたら、なんと千葉県でも、ぶどう狩りが出来るようなんですよ!しかも、よく調べてみると、家から、わずか車で20分という近距離にも農園があったんですよ!しかも、私の大好きな「食べ放題」ですしね!これは「運命」ということで、以下のような計画を立てました。

(午前)鎌ヶ谷市で、ぶどう狩り。食べ放題なので「ぶどう」を思う存分楽しむ
(午後)その近辺では、「梨」も売っているそうなので、「梨」と「ぶどう」を買いまくって、「21世紀の森と広場」にて、「ぶどう&梨パーティー」を開催

・・・まさに、「ぶどう」を楽しむための1日と言っても過言ではないでしょうね。

でも、実は、1つだけ「不安なこと」があったんですよね。
それは何なのかというと、行こうと思っている「小川園」が掲載されている「観光協会のHP」が、かなりヘボイんですよね・・・(2006年9月時点)。なので、当然、「小川園」のページも、かなりへボく見えるんですよね・・・(参考:http://www.kamagayasikankounougyoukumiai.info/)。というわけで、「もし、どうしようもない農園だったら、どうしよう」という不安があったわけです。

さて、どうなることやら・・・

スポンサード リンク


くぬぎ山の「小川園」にて「ぶどう狩り」

車にゆられること、20分。
ぶどう狩り、梨狩りの両方が出来る「小川園」に到着したのですが・・・



かなり不安になりました・・・
駐車場は舗装していない砂利だらけのところでしたし、何より、入り口、狭いですよね・・・
前もって、この周辺でぶどう狩りしようと思っていなければ、絶対に素通りするような感じですよね・・・

でも、逆にどうしようもない農園の方が、後々、「ネタ」になって美味しいので(大阪出身なので、こう思ってしまいます)、ちょっと躊躇する妻を強引に引き連れて、気にせずに入ってみました



・・・正直、あなどっていました。中は、結構、広いんですよね!
しかも、月曜日ということで、ガラガラでしたしね。

確かに勝沼のように「焼肉を食べて、しかも景色も楽しめる」なんてことはなかったのですが、単純に、ぶどう狩りを楽しむには、ちょうどいい広さです!逆に、家の近くに、ぶどう狩りが出来るところがあるなんてラッキーなくらいですね!

というわけで、早速、ぶどうを食べまくることに。

スポンサード リンク


ぶどう狩りを満喫!

スチューベンという品種だそうで、タネはあるものの、そこそこ美味しいんですよ。
なので、皿に採っては食べて、また採っては食べて・・・を繰り返すこと、2人で10房くらいでしょうかね。



ついに限界が来ました。限界というより、お腹は空くけど「ぶどうは、うんざり」という状態に。
どうやら、本当に「甘いのは別腹」のようです。
※)お腹は空くので、何か食べれそうなのですが、どうしても「ぶどう」のような甘いものだけは食べれなくなってしまったという意味です。

なので、ぶどうを食べるのをやめて、「ぶどう」をエサにして「紫翠君釣り」を楽しんだり、ちょっと大きな「紫翠ぶどう」に、かぶりついたりしたりして遊んでいました。



・・・というわけで、「ぶどう」は十分に堪能できたので、家用と、お隣さんのお土産用の「ぶどう」と「梨」を買って、小川園を後にすることに。
※)2日前に、お隣さんにご馳走してもらったので「お返しに」と思って「お土産」を買ったのですが、家から近いということは、お隣さんからも近いんですよね。というわけで、よく考えると「近所のスーパーでお土産を買うようなもの」なんですよね・・・ちなみに、梨は小川園じゃなくて、別のところで買いました。

本当は、そのまま、21世紀の森と広場に行く予定だったのですが、「9月とはいえ、暑い日に、車の中に果物を置きっぱなしにすると痛むんじゃないの!?」ということで、一回、家に帰ることに。そして、家で、梨を切って、途中にある「マルエツ」でお弁当と飲み物を買って、一路、21世紀の森と広場に向かいました。



話は、「近所を楽しむ2〜21世紀の森と広場へ!(後編)」に続きます。

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ