夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


またドライブかよ(中編)〜マザー牧場に行く

ニコニコドライブインでご飯を食べた後、マザー牧場に移動しました。
このマザー牧場、それほど広くはないかな〜なんて思っていたのですが、めちゃくちゃ広かったですね。広いだけじゃなくて、山の上にありますし、花畑もあって景色もキレイでしたしね。なんか、いい感じでした。




しかも、色々なイベント、アトラクションもあるみたいですしね。
実際、私たちがマザー牧場に着いたとき、ちょうど、羊毛狩りをしていましたし。



・・・ちなみに、このイベントは、単に羊の毛を刈るだけのものっぽかったので速攻で出ました(笑)

あと、子豚のレースなんていうものもあるようです。



・・・ちなみに、3〜5歳児しか参加できないイベントなので、0歳児を持つ私たちには関係ないのでスルーしましたが。

その他、果物狩りに、乗馬に、牛乳搾りに、ドックレースに、バンジージャンプに・・・色々なイベントがあるので、マザー牧場は、3〜10歳くらいの子供をもつ親には面白いんじゃないでしょうか。

スポンサード リンク


我が家のマザー牧場・放浪日記

マザー牧場は「初」だったので、まずは、どういうものがあるのか歩き回ることに。
今回は、ベビーカーを持ってきたので、楽に移動できると思っていたのですが・・・

紫翠君を見ると、手を上げて、抱っこをせがむんですよね・・・
最近、遊びにいくことが多くて、抱っこ紐で抱っこばかりしていたので、抱っこの味を覚えてしまったようです・・・



そして、抱っこしたら・・・

抱っこした瞬間 抱っこしたら・・・

・・・見事に機嫌がよくなりました。ほんと、現金な奴です。

というわけで、ベビーカーで機嫌が悪くなれば抱っこして、落ち着いたらベビーカーに・・・という感じで騙し騙し歩いていたのですが・・・

マザー牧場に来て良かったですね!広大で、キレイな景色に圧倒されました!



他にも花壇があったり、迷路があったり、子豚のレース場などの遊び場もあったり、ほんと色々な場所があるんですよね。



ただ、3〜10歳くらいの子供を対象にしているものばかりだったので、0歳児の紫翠君と楽しめるようなところがなかったのが残念なところなのですが・・・迷路は楽しめるかな〜と思っていたら、ベビーカー禁止でしたしね・・・

というわけで、私たちには、歩いて景色を楽しむか、食べるしかできなくて、自然に足は「自然散策路」に向いたんですよ・・・これが大きな間違えでした・・・

スポンサード リンク


自然散策路に到着

今まで歩いてきたところは、すべて、道路は舗装されていたので、自然散策路も舗装されているだろうと思い込んでいたのが甘かったですね。本当の山道でした。ベビーカーの私たちには、辛い道でした・・・



というわけで、私が紫翠君を抱いて、妻がベビーカーを押して・・・という感じにしたら、何とか進むことができたので、頑張って、ブルーベリー園まで行くことに。



後で考えると、この時点で引き返せば良かったんですよね・・・
「夏」「山道」だと何が起きるのか考えなかったんですよね・・・

「何か黒い小さいもの」が目の前を横切る・・・

自然散策路にて、折角だから、記念撮影しようと立ち止まったら、「何か黒い小さいもの」が私の目の前を横切ったんですよね。「何が横切ったのかな〜」なんて思って、よく見てみると・・・

2匹くらいの「蚊」が私の周りを、ブンブン飛んでいたんですよ・・・

私が刺されるのはいいのですが、0歳児の紫翠君が刺されると大変なことになるので、偶然に持ち合わせていた蚊よけのスプレーをかけることに。
※)花火大会のときに(参考:5ヶ月目!今日は花火大会だ!)、蚊よけスプレーをベビーカーの下にある袋に入れっぱなしにしておいたんですよね。これが幸いしました。

・・・でも、「奴ら」は、迷い込んできた絶好の「食料」を見逃す真似はしないんですよ。蚊よけのスプレーにひるまず、ずっと私の周りを飛んでいました

「こうなれば逃げるしかない」ということで、スプレーを撒き散らしながら、気にせず先に進んでいったら・・・

気が付けば、蚊は5匹くらいに増加!
そして、妻の周りにも、蚊の大群が発生していました。


・・・ただ、幸いにも、蚊よけのスプレーが効果があるようで、なかなか、食いつくことはしないんですよね。なんとか刺されずに、ようやく、ブルーベリー園が近づいてきたのですが・・・

私たちが明るい場所に出そうになると、蚊は「これ以上先に行かれると、逃げられる」と思ったのか、スプレーがかかっていない、私の頭の髪の中や、靴の中などにターゲットを絞って一斉に攻撃しだしたんですよね・・・特に、紫翠君の頭に、大きな蚊がプスッと刺していたりしたのは、ビビリました(もちろん、速攻で殺しましたが)。

しかし、私たちが逃げるのが一歩早かったのか、幸いにも刺されずにすみました。
良かった、良かった。

・・・というわけで、「マザー牧場の自然散策路=蚊に襲われる」という思い出しかできなかったわけです。

ちなみに、ブルーベリー園で、ブルーベリー狩りを楽しもうと思ったのですが、ここもベビーカー禁止。結局、何しにブルーベリー園に行ったんだろう・・・しかも、ベビーカーを見ると、めちゃくちゃ大きくて気持ちが悪い「クモ」が、いつの間にか、いました・・・



「竹馬」に夢中になる・・・

そして、更にぶらぶら歩いていたら、「竹馬コーナー」を見つけました。



・・・というより、うちの妻、こういうの大好きなんですよ。
軽く「(竹馬を)やってみなよ」なんて言っただけで、「小学校のとき、竹馬が苦手だったんだ!出来るかな〜」なんて言いながら、喜んで竹馬に乗り始めました。

というより、まさか、本当に乗り始めるとは・・・
このコーナーって、「対象:小学生」とかなんですけど〜



そして、羊を見たりして、マザー牧場は終了!

そして、羊牧場に行ったのですが・・・

以下のように広い羊牧場なのに・・・



羊はエサ売り場に集中していました。



・・・羊も人間も同じなんだな〜なんて思いながら(毒舌)、山頂ゲート(車を停めているところ)に移動。ついに、マザー牧場を一周したわけです。

そして、いつも妻は「余裕でバンジージャンプ、出来るよ。怖がる人の気持ちがわからない。」なんて豪語しているので、山頂ゲートの近くにある、バンジージャンプが出来るところに行ってみることに。そして、私が「(普段からあれだけ豪語しているので)バンジージャンプやってみなよ」と言うも、「(安全用の)マットが汚い」とか「見世物になるのは嫌」とか、散々言い訳をして、結局、飛びませんでした。そして、私が「やっぱり、バンジージャンプって怖いでしょう?」なんて聞くと「全然、怖くないよ!余裕で飛べる」なんて感じで、まだ豪語していました・・・

というわけで、マザー牧場を後にしました。

我が家のマザー牧場、食べ物!?体験記

マザー牧場に着くやいなや、天丼の口直しに(参考:またドライブかよ(前編)〜ニコニコドライブインでご飯を食べる)、マザー牧場特製のブルーベリーソフトクリーム・牛乳・飲むヨーグルト・牛乳パン・プチシュークリームを食べたんですよね。

でも、ぶっちゃけ、市販品のものと変わらなかったですね・・・
市販品のレベルが上がったのか、マザー牧場の製品が悪いのか・・・
特に牛乳パン・プチシュークリームは酷くて、市販品より不味いのに、市販品の倍の価格・・・こういうところに美味しいものを求める方が間違えているんですけどね・・・

ちなみに、そろそろ紫翠君はこういう食べ物に興味を持つのかな〜なんて思って見せてみたのですが・・・



・・・全く興味なし!
やはり、興味をもつようになるには、まだまだ時間がかかるようですね。

やはり、紫翠君は、「アレ」がいいようです。



というわけで、次の目的地である九十九谷展望台に行くことに。
レポートは「またドライブかよ(後編)〜九十九谷展望台に行く」にて。

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ