夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


ドライブ三昧1〜養老渓谷(粟又の滝)〜(前編)

紫翠君も大きくなったし(といっても5ヶ月目)、お盆も過ぎて混雑も解消されているだろうし・・・ということで、早起きできれば(といっても目標は朝9時)、「養老渓谷」に行こう決めていたのですが・・・

なんと、その翌日、朝9時に目が覚めてしまいました。というわけで、この日、「養老渓谷」に行くことに。
※)ちなみに、何故、養老渓谷なのかというと、実は、妻と何度も養老渓谷にある「粟又の滝(養老の滝)」を見に行こうとしたことがあるんですよ。でも、毎回、私が、その道中で「小魚採集」に夢中になってしまって、時間がなくなって、「粟又の滝」に行くことができなかったんですよね。そこで、「この日こそ、粟又の滝を見るぞ!」というわけで、「養老渓谷」にしたわけです。

・・・妻には「今度こそ、夫婦の悲願!?である粟又の滝に行く」なんて言っていたのですが、実は、この日も、「小魚採集の道具」を袋に忍ばせていたんですよね(ニヤリ)。「ちょっとだけならいいでしょう?」なんて言いながら、いつものポイントで小魚採集をしようと思っていたのですが・・・

でも、車を停めようにも、全部が有料駐車場なんですよ。しかも、1日500円という感じで、1日区切りなんですよね。よく考えると、1日500円って安いのですが、不思議なもので「1日もいないので、もったいないな〜」と思ってしまって、結局、車を停めることができなかったんですよね。

というわけで、この日は、余計な寄り道をせずに、「粟又の滝」に向かうことができました・・・


※)この写真は、「粟又の滝」の目の前にある「滝見苑」の有料駐車場から見た風景です。

スポンサード リンク


この日の紫翠君は?

遠出するたびに、寝たり、泣き出したり、暑さでバテバテになって「キュッと一杯」したりしていた紫翠君。今日のご機嫌は・・・



・・・ブスっとしていました。
私たち夫婦の悲願!?の「粟又の滝」だというのに・・・
泣いていないだけマシということで、粟又の滝に行くことに。

スポンサード リンク


粟又の滝に到着!

「ほら、紫翠君!粟又の滝に着いたよ!キレイでしょう!?」なんて言いながら、紫翠君の方を見てみると・・・


※)この写真は粟又の滝の上側です。



・・・ひたすら、足を舐めていました。
渓谷の風景よりも、自分の足に興味があるのでしょうか・・・


そして、再び、「ムスッ」とご機嫌斜めになったんですよね・・・



そこで、ご機嫌を良くしようと、まずは頬ずりするも・・・



効果なし・・・
なので、噛み付いてみたら・・・



効果なし・・・
というより、余計に機嫌が悪くなった気が・・・


というわけで、「キュッと一杯」させてみました。



すると、どうでしょうか。
ぼちぼち機嫌が良くなりました。やはり、紫翠君には「キュッと一杯」のようですね。



というわけで、紫翠君の機嫌もよくなったことですし、粟又の滝を下から見ようと場所を移動しました。
この先の話は「ドライブ三昧2〜粟又の滝、高瀧ダム〜(後編)」にて。

ちなみに、養老渓谷の詳細は以下のページにて。
養老渓谷の詳細
養老渓谷の動画
養老渓谷の写真

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ