夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


出産手当金(働いている人限定)とは?

※)2006年時点の話です。今、少子化が進んでいるので、今後、もっと待遇が良くなると思いますよ。

社会保険に加入している人限定の話です。つまり、働いている女性限定の話です。
※)ただ、離職して6ヶ月以内の出産だったらOKとか細かい規定があるので、出産のために離職しようと思っている人は、必ず、会社の担当者に、「いつ会社を辞めたら有利なのか」時期を聞いた方がいいですよ。
※)会社は社会保険に加入しなければなりませんが(義務)、たまに社会保険に加入していない会社もあります。その会社で働いている場合は、貰うことはできません。

出産手当金とは、出産の予定日以前42日から出産後56日までの間、標準報酬費額の60%が支給されるという有難い制度です。ちょっと、わかりにくいので、我が家の例を紹介します(かなり荒い計算です)。
※)2006年時点の話です。今後、待遇がよくなるかと思います。

月収30万円÷30日=1日あたりの日当1万円
日当1万円×0.6×約100日(出産の予定日以前42日から出産後56日までの間)=60万円!

・・・という感じで、約60万円のお金をもらいました。

ほとんどの会社では会社が申請してくれると思いますが、念のために、本当に手続きをやってくれているかどうか、会社に確かめた方がいいですよ。

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ