夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


出産育児一時金とは?

※)2006年時点の話です。今、少子化が進んでいるので、今後、もっと待遇が良くなると思いますよ。

健康保険に加入しているか、旦那さんの社会保険の扶養に入っていればの話ですが、出産すると「出産育児一時金」というお金をもらうことができます。額は、30万円です(2007年時点では35万円です)。

というより、少子化のこの世の中、まさか出産に費用がかかるとは思っていませんでした。幸い、妻が働いていたので(社会保険に加入していたので)、出産育児一時金以外にも、色々な手当てをもらって、出産にかかった費用を回収できそうですが、もし、妻が大黒柱の家庭なら、出産期間中、失業と同じ状態なので、生活できないですよね。手当てを考慮しても、月額数万円にもならないですし。こういう状態が、少子化を進めて、女性の社会進出を止めているのだな〜なんて、妙に思いました。

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ