夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


私の「ある1日」(自由業を選んだ夫の育児日記)

このページでは、家族との時間を大切にするために、自由業を選んだ夫の一日を紹介しています。
妻が大変なときは、あまり働かず、家族の面倒を見ていました。

スポンサード リンク


0〜1ヶ月目の私の育児生活

妻が退院したての時は、妻と同じように、深夜まで付き合っていましたが、家事に加えて、赤ん坊の世話に、仕事に、かなり大変だったので、以下のような生活にシフトさせました。

というより、ほんと、働いていないですね〜。実際は、仕事の時間も、妻と話している日が多かったですしね。働かなくても収入が入ってくるのが、ネットの仕事のいいところ!

朝8〜9時起床
8時〜8時15分
妻の朝食の準備(昨晩の作り置きのご飯)
8時15分〜8時45分 妻が朝食を食べている間に、赤ん坊の様子を見る
※)ほぼ泣くので、ゆらゆら抱っこしている
8時45分〜9時 食器などの後片付け
※)といっても、食器洗浄器に食器を入れるだけ
9時〜10時 メールチェック(仕事)
10時〜11時30分 妻の昼ご飯の準備と共に、軽い昼食を食べる
11時30分〜12時30分 妻が昼食を食べている間に、赤ん坊の様子を見る
12時30分〜13時 食器などの後片付け
※)といっても、食器洗浄器に食器を入れるだけ
フルーツ盛りを作る
※)といっても、果物の皮をむくだけ
13時〜14時30分 掃除
14時30分〜15時30分 買い物、もしくは洗濯
15時30分〜17時 夕食と、翌日の朝食の準備と共に、夕食を食べる
17時〜17時30分 妻が夕食を食べている間に、赤ん坊の様子を見る
※)ほぼ泣くので、ゆらゆら抱っこしている
17時30分〜18時 食器などの後片付け
※)といっても、食器洗浄器に食器を入れるだけ
18時〜19時 仕事
仕事をせずに、赤ん坊をあやす日も。
19時〜20時 沐浴
20時〜21時 妻がミルクを与えている横で話しかける
21時〜22時 妻が風呂に入っている間に、赤ん坊の様子を見る
※)ほぼ泣くので、ゆらゆら抱っこしている
22時〜23時 風呂に入る
23時〜1時 仕事

スポンサード リンク


1〜2ヶ月目の私の育児生活

いきなり以下の生活になったわけではなくて、ジワジワ、以下の生活にシフトさせました。通常は床上げから段々、家事をしなければならないそうですが、結局、妻が動き始めたのは1ヶ月半くらいしてからでした。

というより、やはり、1〜2ヶ月目も、仕事していないですね。結構、仕事の時間をとったのですが、仕事の時間は、妻と話していることが多かったです。ほんと、仕事しないと。会社を設立することですしね。

ちなみに、基本的に妻と子供を家に置いて外出することはないのですが(買い物以外)、この月は、小切手の換金、コンサル、セミナー、雑誌の取材の4日だけ、外出しました。なので、携帯電話に子供の写真をとって、電車の中で、ずっと見ていました。携帯電話に写真を入れておくと、電車の中でも癒されます。

朝10時起床
10時〜12時
赤ん坊の様子を見つつ、仕事
ちなみに、朝、妻は私が寝ている間に、軽く朝食をとっています。
12時〜12時30分 妻が昼食を食べている間に、赤ん坊の様子を見る
※)ほぼ泣くので、ゆらゆら抱っこしている
12時30分〜13時 昼ごはん
13時〜14時 買い物
※)洗濯は徐々に妻にしてもらうことに。
14時〜15時 妻と一緒に掃除
15時〜17時 仕事
※)日によっては、夕食・翌日の朝食の準備をしています。
17時〜17時30分 妻が夕食を食べている間に、赤ん坊の様子を見る
※)ほぼ泣くので、ゆらゆら抱っこしている
17時30分〜18時 食器などの後片付け
※)といっても、食器洗浄器に食器を入れるだけ
18時〜19時 仕事
※)仕事をせずに、赤ん坊をあやす日も。
19時〜20時 沐浴
20時〜21時 仕事
※)仕事をせずに、赤ん坊をあやす日も。
21時〜22時 妻が風呂に入っている間に、赤ん坊の様子を見る
※)ほぼ泣くので、ゆらゆら抱っこしている
22時〜23時 風呂に入る
23時〜2時 仕事


役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ