夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


乳腺炎の原因と対策

退院して一週間くらいでしょうか。
妻が、「ちょっと、ここ触ってみてよ!」と言ってきたので、ちょっと触ってみると、なんと、乳房が岩のように固いんですよね!何故、こんなに硬いのか聞いてみると、母乳がたまりすぎているとのこと。この状態を放置しておくと、「乳腺炎」になるとのこと。

・・・でも、「乳腺炎」って、具体的に何なのか、妻にも私にもわからなかったので、早速、ネットで調べてみることにしました。

スポンサード リンク


乳腺炎とは?

乳腺炎とは、母乳がたまりすぎて、乳房が岩のように硬くなって、挙句の果てには、高熱を出す病気とのことでした。何故、母乳がたまるのかというと、子供が母乳を飲む量が少なかったり、脂や糖類をとり過ぎて、母乳が出てくる腺がふさがれたりすることが原因だそうです。

・・・実際、妻の体温を測ってみると、若干、高めでした。

「こりゃ大変だ!」ということで、乳腺炎の対策を、これまたネットで調べてみました。

スポンサード リンク


乳腺炎の対策

乳腺炎の原因は、1.子供に母乳を飲ませる量が少ないということ、2.食事で脂や糖類をとり過ぎて、乳腺がふさがれてしまうことなので、1.子供に、バシバシ、母乳を飲ませて、2.食事で脂・糖類をとる量を減らせば、乳腺炎は治るということですよね。なので、我が家は、早速、この対策をしてみました。

すると、数日で、治ってしまいました。やはり、1の子供に飲ませることが効いたようです。

ちなみに、もし、これでも治らない場合は、搾乳機を使って、母乳を出すことや、夫に吸い出してもらうこと(笑)などの対策もあるそうです。つまり、とにかく母乳を出すことが重要なんだそうです。

それ以外にも、じゃがいもで作るシップや、葛根湯が効いたという話も、チラホラ。ただ、この辺の対策はあくまで経験に基づくものなので、安易に自分で治そうと思わずに、医者にいった方がいいような気もします。

再度、乳腺炎に!?

妻が再度、乳房が痛いと言い出しました。
しかも、今度は、触るだけで痛いというくらい、ちょっと深刻な状況に・・・

そこで、子供に飲ませたのですが、全然、固い部分が柔らかくならず・・・

仕方がないので、私が手で絞ったのですが、奮闘すること30分。
ようやく、絞る「極意」をつかみました!

その極意とは・・・

以下の図の場所を、矢印の方向に、親指で、やや強めに押し出します。始めは出が悪いですが、そのうち、かなり出るようになるはずです。そして、固い部分は柔らかくなって、痛みが、おさまったそうです。ちなみに、何回押し出してもミルクが出ない場合は、押し方や、押す場所が悪いので、色々、試してみることをお勧めします。



役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ