夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


新生児の鼻水を取らないと窒息することもあるそうですが・・・

新生児は鼻からしか息ができないそうです。なので、鼻がつまれば、鼻水を吸ってあげないといけないんだそうです。また鼻くそが取れるところにあれば、取ってあげた方がいいそうです。

ではどのように取ればいいのかというと・・・

1.綿棒で取る方法
アカチャンホンポなどの「赤ん坊の専門店」に行けば、細い綿棒から太い綿棒まで売っているので、自分の子供の成長にあわせた太さの綿棒で取ればいいかと思います。ただ、あまりに細いと、鼻水などを取っているときに、子供が動いて、鼻の奥まで突っ込みそうに感じてしまうので、私はものすごく細いものは怖くて使っていませんが。

ちなみに、お風呂に入った後や、泣いた後だと、取れやすくなります。

2.ピンセットでとる方法
私は怖くて出来ませんが、鼻くそをピンセットでとっている人もいるそうです。確かに、つまめば取れる鼻くそがあることもあるので、ピンセットで取りたくなるときもあるのですが・・・

3.鼻に水やミルクを数滴入れる方法
綿棒などでうまく取れないときは、鼻に水やミルクを入れて、取ることも出来るそうです。ただ、インターネットで調べたところ、水は駄目とか、ミルクは駄目とか、意見が分かれていたので、私はしていませんし、今後、することもないでしょう。

4.ティッシュでクシャミをさせる方法
一回、やったことがあるのですが、細くしたティッシュを鼻の奥にいれて、こちょちょすると、くしゃみをします。くしゃみをすると、鼻水・鼻くそも一緒に出てくるのですが・・・

スポンサード リンク


うちの子供は!?

うちの子供は、母乳を飲むとき「フンガ、フンガ」といって飲んだり、豚っ鼻になったりします。

そこで、鼻が詰まっているのかな〜と見てみると、確かに鼻くそらしきものがあるんですよね。なので、「窒息してはならない!」なんて考えて、幼児用の綿棒で取ろうとしたら、うまく取れずに、鼻の奥に行ってしまうんですよね・・・なので、ティッシュでくしゃみをさせたのですが、全然、奥から出てこず・・・

「どうやったら、鼻くそを、上手に取ることができるんだろう」と思って、妻に、助産師外来で、看護師さんに聞いてもらったところ、結局は、奥にあるものは無理して取らなくてもいいんだそうです。手前にある取れそうなものを取るだけでいいとか。

それ以来、深追いはしないようにしています。

ただ、最近は若干細い綿棒を購入して、腕も上がってきたので・・・

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ