夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


子供に絶対に言いたくない「言葉」〜「自分・世間の理屈を押し付ける言葉」

「超難関大学を出て、大企業に入りなさい!」とか、「私はこのようにしてきて良かったから、あなたもそうしなさい!」とか、一見すると、もっともな言葉じゃないですか。確かに間違っていなさそうに思えます。でも、私は、そういう言葉を子供に押し付けるのは、ちょっと違うんじゃないのかな〜と思ってしまいます。


世間一般的に言われていることは私には当てはまらなかった・・・

世間一般では「超難関大学を出て、大企業に勤めた方がいいよ」とか言われていますよね。確かに、この言葉は、間違いてはいないでしょう。しかし、かといって、「すべての人」に当てはまる「絶対的に正しいこと」ではないと思うんですよね。

私は、まさに世間一般で言われているように、就職に強い理系の大学を出て、大企業に勤めました。しかも、「安定」を絵に描いたような研究職でした。でも、この生活に疑問をもったわけです。そこで、会社をやめて、まさしく「学歴関係なし!自分の腕だけで生きていく」という180度違う世界に入ったわけですが、ほんと、正解だったと思います。、サラリーマン時代の5〜8倍の給料を、ほとんど働かずに稼いでいますしね(ニヤリ)

つまり、私の場合は、世間一般で「良い」と言われていることは、当てはまらずに、逆に世間一般で「駄目だ」といわれていることがピッタリあったわけです。

スポンサード リンク


絶対的に正しいことなんてない!

個人的には、「人を殺せば重罪」というのは、どんな世の中になっても、絶対に変わらない「正義」だと思っています。しかし、世の中、絶対的に正しいことなんてないんですよ。「モノサシ」が変われば、「正しいと思われていること」なんて、コロコロ、変わります。

よく言われるのが「(戦争の世の中だと)多くの人(敵兵)を殺せば英雄、(平和な世の中だと)人を殺せば重罪」ですよね。このように、世の中が変われば、絶対的に正しいと思っていることも変わってしまうわけです。つまり、世の中に「絶対的に正しいこと」ってないと思うんですよね。なので、自分の考えも、絶対的に正しいとは言えないと思うわけです。

ちょっと例が大げさすぎましたが、私は常に自分の意見ですら正しいかどうか疑っています。絶対的に正しいだなんて思っていません。

私が子供にしてあげたいこと

たとえば、子供が、大学の進学を悩んでいたとして、そのときに、私は子供に「(世間一般でも言われていることだし)超難関大学を出て、大企業に勤めた方がいいよ」なんてことをいいたくありません。私の場合に限っていえば、世間一般で言われていることは、「当てはまらなかった=間違えていた」わけですしね。

だからといって、「自分の意見=絶対的に正しい」として、それを子供に押し付けることもしたくありません。自分の意見が絶対的に正しいことなんてないんですからね。

私は、子供が、将来について、どのように考えて、どのようなスキルを身につけたのか、身につけていきたいのかなど、本人の状況・スキルを考えて、きちんと、話し合いたいんです。つまり、家族で、「何が正しいことなのか」考えていきたいわけです。子供の事情を考えずに、子供の意見を聞かずに、自分や世間一般で正しいことを押し付けたくないと思っているわけです。

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ