夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


出産にかかる費用について

このページでは、出産にかかる費用について紹介しています。
ただ、出産の方法も、そろえる道具・服も人によって違うので、ここで紹介しているのは、あくまで私たち夫婦の一例に過ぎませんので、あしからず。

スポンサード リンク


通院・入院に関する費用

通院に10万円くらい、入院に50万円近くかかりました。つまり、ザッと見て、合計60万円くらいですね。
※)ただし、うちの妻は血液型が特殊なので、多少、診療代が高めですし、部屋も4人部屋ではなくて、2人部屋(シャワー付)にしたので、ベット差額で7万円高くなっています。

育児に関する費用

ベットや、ベビーバスや、オムツに、妻の妊娠関連の服・下着などで、結構、費用がかかっています。具体的に総計したことがないのですが、ザッと考えても、10万円以上は使っています。あとは、空気清浄機も買いましたし、完全な嗜好ですが、ハンディカムビデオも買いました。結局、30万円は使っていると思います。

総計

結局、病院関連の費用や、育児の準備だけで、90万円は使っていることになります。出産で補助が30万円つきますが(2007年時点では35万円)、それでも60万円の赤字です。

子供の数が減っている中、何故に、子供を生んだ人に、もっと手当てをつけないのでしょうね。子供の数が増加すれば国が強くなって、より税金も取れるようになるんですけどね。

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ