夫婦で育てる!子育てのために自由業を選んだ男の育児日記
紫翠君の育児!

◆大人のやり直し英語学習や、子供の英語教育に使えます!


家族との時間を大切にするために自由業を選ぶ!

私は、家族との時間を大切にするために自由業を選びました。
このページでは、自由業を選ぶに至った経緯を紹介しています。

スポンサード リンク


「人生は一度きり」

何故か、私は、他の人より「もう少しで死ぬところだったよ〜」ということを多く体験しているんですよね。一番、危なかったのは、鼻の傷でしょうか。あと1cmでも傷がずれていれば死ぬところだったそうです(笑)

こういう体験を繰り返すたびに、「人生一度きり」という言葉を、じっくりと考えるようになってきたんです。つまり「人間って絶対死ぬ=生きている時間は限られている=時間を浪費して、ダラダラ生きるんじゃなくて、何か一生懸命になれるものに時間をかけよう」と思うようになってきたわけです。そこで、一生懸命に仕事をしてみたり、趣味をしてみたのですが、「そこそこ面白いだけ」なんですよね。つまり、仕事も趣味も人生をかけるほどのものじゃありませんでした・・・

人生一度きりなのに、「そこそこ面白いもの」に貴重な時間をかけて生きていくのかな〜なんて思っていたのですが・・・

家族こそが人生をかけるべきもの!

「仕事も趣味も、人生をかけるほどのものでもない。これは、もう諦めるべきかな〜」なんて思っていましたが、ふと、ある日、あることに気が付きました。家族(妻)と過ごす時間が、仕事や趣味と比較にならないくらい、とても楽しいんですよね。つまり、私には、家族(妻)と過ごす時間こそが一番大切なものじゃないかと思ったわけです。実際、家族(妻)との時間を増加させればさせるほど、人生に充実感を覚えるようになってきました。

・・・でも、所詮は「サラリーマン」。

家族と一緒に過ごせる時間は限られています。実際、サラリーマンをしていたら、どのくらい人生の貴重な時間を無駄遣いしているのかについて、人生を70年、残りの40年で考えてみました。

(通勤・仕事にかける10時間)×20日×12ヶ月×40年
=9万6000時間
=4000日
=約11年!

なんと、人生の残りの40年のうち、11年間は、仕事に時間を使わなければならないわけです!私には、かなりもったいなく思えてしまいます・・・

自由業を選ぼうとするも、もちろん、妻の親は猛反対!

研究職という、安月給ですが、「安定」という言葉がピッタリの職についていました。そのサラリーマンを辞めて、「明日から自由業ですよ〜」なんて言えば、怒らない親はいないですよね。

実際、特に妻の両親の猛反対にあいました。

もちろん、会社を辞める理由もいいましたよ。「家族との時間を大切にしたいんだ〜」とか、「リスクをとらないと、理想とする人生を過ごせないんですよ〜」って。でも、「何を甘いことを言っているんだ!」とか「会社を辞めてリスクをとるなら、結婚する前にしろ!」とか言われてしまいました。というより、普段は「私のことを自分の息子と思っている」とか言っているくせに、こういう時になれば、「自分の子供(妻)は大切だけど、あなたは、どうでもいいですよ〜」的なことを平気で言ったりして閉口しますが、まあ、誰しも怒ることですし、「妻の親」ということもありますしね。何を言われても気にせずに、強引に話を進めました(笑)

というより、「どんな荒波でも、一緒に乗り越えて、苦楽を共にする」のが夫婦と思うんですけどね〜

というわけで、安定なサラリーマンをやめて、自由業への道を突っ走しることになったわけです。

スポンサード リンク


家族との時間を大切にできる自由業って?

パッと思いついたのが、自由業ではないですが、「税理士」ですね。自宅を事務所にすれば、家族との時間を大切にできるじゃないですか。なので、税理士の資格も取れる「公認会計士」の資格勉強を始めたのですが・・・

勉強の合間をみて作成した趣味のホームページが稼ぎまくるんですね。ほとんど時間をかけていないにもかかわらず、サラリーマン時代並みの月収を得ることができるようになったんです。

・・・ひょっとして、インターネットの世界に突っ込んだ方が、効率的に収入を得ることができて、家族との時間を大切にできるんじゃないの!?と思いましたが、流石にハイリスク過ぎますよね。私自身、パソコンに関してほとんど知識がありませんし、プログラムも組めませんので。というわけで、インターネットで生きる決心はつかずに、結局、会計士の学習を続けていました。

しかし、状況が一変しました。

会計士試験の新制度導入で会計士の数が余って、以前ほど価値のない資格になりましたし、少しだけ情報交換した会計士補の人から、「実は会計士って責任の割には稼げない」という実情も聞いてしまったんですよね。一方、学歴がなくても、ネットでは月数百万円稼いでいる人がいるという噂も聞いたりして。

・・・どうしてもインターネットの方がよさそうに思えてくるんですよね。しかも、インターネットの世界は、ネットにつながったパソコンがあれば、どこでも、仕事ができますし、何より、時間を自分で選べるので、まさに家族との時間を大切に出来る理想的な仕事ですしね。

しかし、パソコンとは縁遠い世界にいたので、インターネットの世界で生きていけるのか!?という不安もあったんですよね。そこで、「目標額」を決めて、1年でその額に達成しなかったら、インターネットから手を引くと決めて、思い切って、インターネットの世界に飛び込みました。

・・・すると、書籍も執筆できるようになったり、有名雑誌にも取材されるようになったりしたわけです。

というわけで、家族との時間を大切にするために、インターネットで生きています。

役立ちサイト:様々な役立つサイトを紹介しています。
生協のパルシステム:便利ですし、節約にもなります。しかも生協なので、食の安全性もあります。

「夫婦で育てる!」のトップページ